地速星  中箭虎 丁得孫

地速星
渾名中箭虎
序列第79位
役職歩兵軍将校
前歴東昌府軍副将
賛詩虎騎は奔波して陣門を出づ、双つの顋は連なって項に疤痕を露す。到る処にて人は称す中箭虎、手に飛叉を搭す丁得孫
解説張清の副将で投げ槍の遣い手。張清・キョウ旺とともに東昌府で梁山泊を迎え撃った際に項充に傷を負わせたものの、呂方郭盛に捕らえられる。その後、張清に従って梁山泊入りし、梁山泊でも張清の副将として戦ったが、目立った活躍はない…が、梁山泊の好漢でも屈指の壮絶な最期を遂げた。
結末方臘征伐の歙州攻め城の際、草むらで毒蛇に脚を咬まれ死亡。
遺事
後伝
絵巻張清の配下で、顔に無数の傷を持つ男。飛叉を使う。かつては竜舞虎踞山の五竜六虎の一人だったが、他の者が主張する「革命」に違和感を抱き、討伐に現れた張清に従う。元・官軍の兵士だが、上司が叛乱の疑いを持たれ、共謀者として捕らえられ、牢獄に閉じ込められた過去を持つ。
北方元・遼州の民兵の将校で張清の配下。将校として資質はあるが、経験不足のため実力を十分に発揮できないまま戦力に数えられる。最終決戦時に童貫の執拗な攻撃に恐怖を覚え、無理な追撃をかけて大敗。罰を受けるため自陣に帰還する途中に、毒蛇に噛まれて死亡した。
楊令伝
ジュニア
新伝第85位 地平星。登州の製塩場の人足のリーダー。左頬に幼い頃に受けた矢疵があるのが渾名の由来。かつては牧童だったが、父を死に追いやった金持ちを殺して逃亡、製塩場の丁爺さんの孫となった。石勇らを匿い、項充らと合流して梁山泊入り。百八星集結後は山塞の周囲の農地の開墾栽培を管理する頭領。招安に反対し、項充らとともに大海鰍船団で外洋に新天地を求めるが、大嵐にあって海の藻屑と消えた。
傾城「傾城水滸伝拾遺物語」では鏑矢の阿徳(かぶらやのおとく)。席次に名前のみ登場
NTV
横山
沼田
読破
AKA
月の蛇
SF
60億
水辺幅広のバンダナを巻いた逆立った髪の男で、飛叉と思われる得物を持つ。人形にされて梁山泊を襲撃したが、関勝の捨て身の反撃で倒された。
天命体92 腕51 技68 知34 忠31 仁42 勇64
天導体88 腕57 技86 知45 忠61 仁53 勇65
幻想ルビィ。エルフの村を出て行ったはぐれエルフ。キルキスと旧知の仲だが、村の古いしきたりに反発して出て行った。
幻想2コウユウ。灯竜山三兄弟の次兄。言葉遣いは荒っぽいが仁義に厚い少年。ネクロードの猛威の前に、新同盟軍を頼って訪れた。マルロとは性格や立場がまったく違うが親友。
幻想3ビッキー(子供)。ビッキーによく似た正体不明の子供。16歳のビッキーより9歳若いが、かなりしっかり者で口調も性格も古風。
幻想4ケイト。アカギ、ミズキの先輩忍者。誰とも馴れ合わないクールな性格。当初はクールーク皇国と契約を結んでいたが、イルヤ島で偵察に当たっていた際に皇国側が巨大紋章砲でイルヤ島を砲撃したため、契約を破棄して主人公側に寝返った。
幻想5ツヴァイク。シンダル遺跡の謎を追う考古学者。研究以外の事には興味が無いためクールで冷淡に見える。棒術の達人でもある。
幻想Tワヒエ。ランブル族の間で老師と呼ばれている老人。百万世界を放浪しており、一族の前にも滅多に姿を見せなかったが、主人公たちの前に忽然と現れ、他の世界への行き来を助ける。ディアドラとも旧知の仲。
幻想百チクラ。ユガ人の血を引く呪石職人。ユガの技術や文化が絶えるのを受け入れることができず、フェザートライブに呪石作成術を教えていた。100年前の宿星。
GR
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-21 (木) 12:56:50 (1463d)