回数題名あらすじ
第72回柴進 花を簪して禁院に入り  李逵 元夜に東京を閙がす招安の足がかりにするため東京に向かった宋江は、徽宗皇帝の寵愛する李師師と会う。李師師の元に徽宗が忍んでくるが、李逵が騒ぎを起こし、ご破算となってしまう。
第73回黒旋風 喬って鬼を捉え 梁山泊 双べて頭を献ず梁山泊に帰る途中、「宋江」が娘を攫ったと聞き激怒する李逵。しかしそれは牛頭山の偽者の仕業だったと知った李逵は、燕青とともに偽者を退治する。
第74回燕青 智もて擎天柱を撲ち 李逵 寿張に喬って坐衙す李逵とともに泰山の奉納相撲に出かけた燕青は、試合に乱入してこの二年無敗の任原を倒す。帰りに県の役所に入り込んだ李逵は裁判ごっこで悦に入る。その頃、朝廷では梁山泊を招安しようとしていた。
第75回活閻羅 船を倒にして御酒を偸み 黒旋風 詔をヒキサいて欽差を罵る招安の使節が梁山泊を訪れるが、高圧的な態度だった上、御酒を阮小七がすり替えていたため皆を激怒させる。李逵が詔書を引き裂き、交渉は決裂、朝廷は梁山泊を討伐することとなる。
第76回呉加亮 四斗五方の旗を布き  宋公明 九宮八卦の陣を排ぬ朝廷は童貫を総大将に10万の大軍を送り込むが、梁山泊軍も総力を挙げて迎撃、九宮八卦の陣で童貫軍を圧倒する。
第77回梁山泊 十面に埋伏し  宋公明 兩たび童貫に贏つ大打撃を受けた童貫軍は、長蛇の陣で梁山泊を攻める。これに対して梁山泊は十面埋伏の計で当たり、多くの将を失った童貫は東京に敗走する。
第78回十節度 梁山泊を取るを議し  宋公明 一たび高太尉を敗る大敗した童貫は蔡京の取りなしで許され、高俅が梁山泊討伐の総大将となる。十節度使と水軍を率いて十三万の大軍で梁山泊を攻める高俅だが十節度使は苦戦、水軍も敗れ去る。
第79回劉唐 火を放って戦船を焼き  宋江 両たび高太尉を敗る十節度使を打ち破り、高俅が徴発してきた船団もことごとく焼き払った梁山泊軍。そこに再度の招安の勅使が到着するが、高俅は勅書の文書を読み替えて罠を仕掛けようとする。
第80回張順 鑿って海鰍船に漏をあけ  宋江 三たび高太尉を敗る罠を見抜かれた高俅の次の策は、海鰍船団の建造だった。潜入していた好漢たちに船団は撃破され、張順に捕らえられる高俅。しかし招安を望む宋江は、高俅を解放するのだった。
第81回燕青 月夜に道君に遇い  戴宗 計を定めて楽和を出す燕青は招安工作のために東京に向かい、李師師の元で徽宗と対面、梁山泊の真意と、官軍との戦いの模様を語る。さらに燕青戴宗は高俅の屋敷に捕らわれていた楽和と蕭譲を救い出す。
第82回梁山泊 金を分ちて大いに買市し  宋公明 全夥もて招安を受く徽宗は招安の詔勅を下し宿元景と張叔夜が梁山泊を訪れる。祝賀の宴の後、東京に向かった百八人だが、枢密院の措置に不満の声が出る。
第83回宋公明 詔を奉じて大遼を破り 陳橋駅に涙を滴れて小卒を斬る招安を受けた宋江は梁山泊を破却し、遼国討伐に向かう。その矢先、陳橋駅で役人といざこざを起こした下士を、宋江は涙を飲んで処断する。手始めに檀州を攻めた梁山泊軍は、遼軍を蹴散らす。
第84回宋公明 兵もて薊州城を打ち  盧俊義 大いに玉田県に戦う宋江盧俊義の二隊に分かれて梁山泊軍は薊州を攻める。遼国王弟・耶律得重の軍と激突した盧俊義隊は苦戦を強いられるが、宋江隊の合流で逆襲、計略で薊州城に火を放ち、攻め落とす。
第85回宋公明 夜益津関を度り  呉学究 智もて文安県を取る梁山泊軍に苦戦する遼は、彼らを招安する策を立てるが、呉用はこれを逆手にとって偽りの投降を行い、覇州城を攻め落とす。戦いの間に宋江公孫勝らと共に二仙山に羅真人を訪ねる。
第86回宋公明 大いに独鹿山に戦い  盧俊義 兵を青石峪に陥れらる勢いに乗り、二手に分かれて幽州を攻める梁山泊軍。賀重宝の妖術により盧俊義が青石峪に閉じこめられるが、公孫勝の術で難を逃れる。梁山泊軍は賀重宝を討ち、幽州城を攻め落とす。
第87回宋公明 大いに幽州に戦い   呼延灼 力んで蕃将を擒う遼国最高司令官兀顔光の子・延寿は幽州奪回に乗り出すが、数々の陣法の応酬の末に捕らえられる。兀顔光は十一曜大将と二十八宿将軍を率い、二十万の大軍で出陣する。
第88回顔統軍 陣を混天の象に列ね  宋公明 夢に玄女の法を授かる永清県で兀顔光と激突する梁山泊軍だが、十一曜大将の太乙混天象陣の前に大苦戦を強いられ、なすすべもなく敗北を重ねる。そんな中、宋江の夢に現れた九天玄女が、陣を破る法を授ける。
第89回宋公明 陣を破って功を成し   宿太尉 恩を頒ちて詔を降す九天玄女の法で陣を破った梁山泊軍は兀顔光を討ち、ついに遼の首都・燕京に迫る。遼は四奸に賄賂を送り、梁山泊軍の思惑に反して、宋と遼は和議を結んでしまう。
第90回五台山に宋江 參禅し  双林鎮に燕青 故に遇う凱旋途中、五台山に魯智深宋江は智真長老を訪ね、それぞれ四句の偈を授かる。一方、燕青は山中に隠棲する旧友の許貫忠と出会い、一本の巻物を与えられる。
第91回宋公明 兵もて黄河を渡り  盧俊義 城を黒夜に賺す田虎の叛乱を知った宋江は、名乗り出て討伐に向かう。まず盧俊義が陵州を攻め落とし、投降した耿恭の手引きで高平城をも落とす。梁山泊軍は、次いで蓋州を目指す。
第92回軍威を振う 小李広の神箭  蓋郡を打つ 智多星の密籌蓋州城を攻める梁山泊軍だが、花栄らの活躍にもかかわらず鈕文忠の守りは堅く攻めあぐねる。しかし呉用の策で城内に潜入した時遷石秀がまぐさに火を放ち、内外からの攻撃で遂に城は落ちる。
第93回李逵 夢に天池を閙がし  宋江 兵を両路に分つ逃げた鈕文忠は魯智深に討たれ、蓋州城で正月を迎えた梁山泊軍は賑やかに新年を祝う。宴席で居眠りした李逵は、夢の中でも大暴れした末、書生から田虎退治の十字の秘訣を授かる。
第94回關勝 義もて三将を降し  李逵 莽もて衆人を陥る軍を二手に分けた宋江は壺関の守りに苦戦するが、敵の援軍の唐斌が関勝と旧知の仲であったことから、協力して壺関を落す。さらに昭徳城を攻める宋江隊だが、その前に喬道清が現れる。
第95回宋公明 忠もて后土を感かし  喬道清 術もて宋兵を敗る李逵たちを捕らえ、さらに迫る喬道清の妖術に追い詰められた宋江らは、土地神の助けで窮地を逃れる。再び迫る喬道清の妖術には樊瑞の術も及ばず、窮地に陥った時に、一人の道士が駆けつけた。
第96回幻魔君 術もて五竜山に窘まり  入雲竜 兵もて百谷嶺を囲む五竜山で繰り広げられる公孫勝と喬道清の法術合戦は公孫勝の勝利に終わった。公孫勝は師の言葉に従い、喬道清を正道に戻そうと追うが、喬道清は百谷嶺に逃げ込むのだった。
第97回陳觀 諫官にして安撫に陞り   瓊英  処女にして先鋒と做る盧俊義に捕らえられた孫安の説得で、喬道清も梁山泊に下った。一方、蔡京らから梁山泊を庇った陳觀は安撫に任じられる。相次ぐ敗北に、田虎軍は馬霊と邬梨、そしてその娘の瓊英を出陣させる。
第98回張清 縁もて瓊英を配り  呉用 計もて邬梨を鴆す瓊英の石礫に扈三娘らは大苦戦。しかし瓊英は邬梨の実の娘ではなく、田虎が実の両親の仇だった。偽名で襄垣城に潜入した張清は己と同じ技を使う瓊英と結ばれ、邬梨を殺して内側から城を奪取する。
第99回花和尚 縁纏井を解脱し  混江龍 太原城に水灌す馬霊の術に苦戦する盧俊義軍だが、公孫勝が術を破り、逃げる馬霊を魯智深が捕らえた。決戦が迫る中、大雨が降り続き太原城を攻めあぐねていたところに、李俊は水軍を率いて一計を案じる。
第100回張清瓊英 双んで功を建て  陳觀宋江 同しく捷を奏す李俊の水攻めで太原城は民もろとも壊滅した。梁山泊軍との決戦の末に敗れ、逃亡した田虎を張清が捕らえ、瓊英は威勝突入の先陣となる。合流した梁山泊軍は威勝を陥とし、河北を平定するのだった。
第101回墳地を謀って 陰険逆を産じ 春陽を踏んで 妖艷奸を生ず東京に凱旋した梁山泊軍に、淮西の王慶討伐の命が下される。かつて東京の副排軍だった王慶は、数年前の春に一人の美女と出会って密通するが、相手は童貫の養女だった。
第102回王慶  姦に因って官司を喫し  龔端 打たれて軍犯を師とす密通が露見した王慶は無実の罪で流刑となる。流刑の途中、棒術使いの男を叩きのめした王慶は、その腕を見込まれて村長の龔端らから師と遇される。
第103回張管営 妾弟に因って身を喪い  范節級 表兄の為に臉を医す陝州の牢城に着いた王慶は、棒術使いの男の縁者だった張管営から散々に苛め抜かれる。管営らを殺害して脱走した王慶は、従兄弟の范全と偶然出会い、房州に匿われる。
第104回段家荘 重ねて新女婿を招き  房山寨 双んで旧強人を併す段家荘に出かけた王慶は、博打の諍いで段三娘とやり合うが、かえって気に入られて段家に婿入りすることになる。しかし婿入りの晩に彼の素性が露見し、王慶らは官兵らを蹴散らして房山に向かう。
第105回宋公明 暑を避けて軍兵を療し  喬道清 風を回して賊寇を焼く房山を奪い、さらに混乱に乗じて房州を奪った王慶は、勢いに乗って楚王を名乗り、淮西の八州を占領した。宛州に向かった梁山泊軍は喬道清の術で緒戦に勝利し、さらに宛州城を奪還して山南に向かう。
第106回書生 談笑して強敵を卻け  水軍 汨没して堅城を破る隆中山の王慶軍を破り、山南城に迫る梁山泊軍。その間に後方の宛州城を奪おうとする王慶軍だが、蕭譲の空城の計で撃退される。梁山泊軍は兵糧船に隠れた水軍の活躍で山南城を奪取するのだった。
第107回宋江 大いに紀山の軍に勝ち  朱武 打って六花の陣を破る二手に分かれた梁山泊軍。宋江軍は袁朗らを下し紀山の王慶軍を破る。一方、西京で盧俊義軍を待ち受ける奚勝の六花の陣を、朱武は循環八卦の陣で打ち破る。
第108回喬道清 霧を興して城を取り  小旋風 砲を藏して賊を撃つ妖火に苦戦しながらも喬道清の術で西京城を奪った盧俊義軍。一方、荊南城に捕らわれた蕭譲らは、壮士・蕭嘉穂の決起で救い出され、城も陥る。また、柴進は兵糧を襲った王慶軍を火計で破るのだった。
第109回王慶 江を渡って捉えられ   宋江 寇を勦して功を成す合流した梁山泊軍は王慶軍を九宮八卦陣で粉砕して南豊城に突入。乱戦の末に段三娘は瓊英に捕らわれ、一人逃れた王慶も、漁師に化けた李俊に捕らえられるのだった。
第110回燕青 秋林渡に雁を射ち  宋江 東京城に俘を献ず東京に凱旋した梁山泊軍だが、公孫勝は二仙山に去る。梁山泊軍は東京の外に留め置かれるままだったため、宋江は方臘討伐を申し出る。江南に向かう梁山泊軍だが、金大堅ら四名は東京に残される。
第111回張順 夜金山寺に伏せ  宋江 智もて潤州城を取る潤州の呂師嚢を攻めることとした梁山泊軍は、食料の献上船に扮して城内に穆弘李俊を送り込み、内外呼応して城を落とす。が、宋万陶宗旺焦挺が最初の戦死者となってしまう。
第112回盧俊義 兵を宣州道に分ち  宋公明 大いに毘陵郡に戦う梁山泊軍は常州、蘇州を攻める宋江隊と、宜州、湖州を攻める盧俊義隊の二手に分かれる。宋江隊は金節の内応により常州城を落とし、盧俊義も宜州を落とすが、更に五名の戦死者が出てしまう。
第113回混江龍 太湖に小結義し  宋公明 蘇州に大会垓す宋江隊は蘇州で方貌と配下の八驃騎と激突する。籠城した方貌を攻めるため、李俊は太湖の盗賊・費保ら四人の助けを得て城内に潜入、内外呼応して城を落とし、方貌を討つがまたもや犠牲者が出る。
第114回寧海軍に 宋江孝を弔い  湧金門に 張順神に帰す柴進燕青とともに方臘軍内部に潜入しようと部隊を離れる。方天定が守る杭州を攻める梁山泊軍は苦戦し、張順は水中から城を攻めようとして射殺されてしまう。
第115回張順 魂もて方天定を捉え  宋江 智もて寧海軍を取る苦戦の末に独松関を抜いた盧俊義隊と合流し、梁山泊軍は総力で杭州城を攻める。石宝に次々と仲間が討ち取られながらも杭州城を落とし、逃げた方天定は弟の霊が憑いた張横に捕らえられる。
第116回盧俊義 兵を歙州道に分ち  宋公明 大いに烏竜嶺に戦う疫病で杭州城に多くの仲間を残しながらも梁山泊軍は、睦州へと進む宋江隊、歙州へ進む盧俊義隊と二手に分かれる。烏竜嶺を水陸から攻める宋江隊だが、天然の要害に大苦戦、次々と犠牲者を出す。
第117回睦州城に 箭鄧元覚を射ち  烏竜嶺に 神宋公明助く睦州へ抜けた宋江は、鄧元覚を討つも、鄭彪、包道乙の妖術に苦しめられ、魯智深が行方不明となる。烏竜嶺の土地神に助けられた宋江は包道乙らを破って睦州を奪取するが、犠牲者は更に続く。
第118回盧俊義 大いに昱嶺関に戦い  宋公明 智もて清溪洞を取る多くの犠牲を払いながら昱嶺関を抜いた盧俊義宋江は方臘の本拠・清渓県に李俊らを送り込み、内外から城を攻める。盧俊義軍も合流し、更に犠牲を出した戦いの末、方臘は城を捨てて逃走する。
第119回魯智深 浙江に坐化し  宋公明 錦を衣て郷に還る名を変えて潜入した柴進らの活躍で方臘は敗走、魯智深に捕らえられる。戦いは終わったものの、多くの好漢が病死し、魯智深は円寂する。燕青李俊は去り、生き残りの好漢は東京に凱旋する。
第120回宋公明 神もて蓼児洼に聚まり  徽宗帝 夢もて梁山泊に遊ぶ次々と去っていく生き残りの好漢。奸臣たちに毒酒を飲まされた宋江李逵と共に死に、呉用と花英も後を追う。夢の中に現れた宋江らから真実を知らされた徽宗は、梁山泊に宋江らを祀るのだった。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-25 (月) 00:55:54 (1498d)