• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 由比正雪 へ行く。

江戸前期の浪人軍学者。江戸で軍学を教え、旗本や大名の家臣など多くの弟子を集めた。1651年に幕政批判と浪人救済を掲げて弟子と共に謀反(慶安の変)を企て、自身は駿府城の乗っ取りと久能山の家康の遺金を狙うが、事前に発覚。駿府で自害した。
----

***伊賀の影丸
慶安の変に失敗して死んだのは影武者で、本人は[[陰流忍者]]に守られて、[[伊賀六忍]]の追撃を躱しつつ東海道を西に向かった。実は自身も忍者で、最後には自ら[[影丸>影丸(影丸)]]と対決。無数の布を舞わせて身を隠す忍法ぬのかくれなどで[[影丸>影丸(影丸)]]を苦しめるが、敗れて自刃した。

***ガラシア祈祷書
正雪と名乗る前の由比富士太郎の名で登場。[[森宗意軒]]の軍学の弟子で好奇心旺盛な小男。[[ゴロリア善馬]]と共に、捕らえられた[[天草四郎]]の母親らを救うために奇計を巡らす。

***神変麝香猫
由井正雪の名で登場。幕府転覆の野望を秘めて[[黒縄巻]]を狙い、[[金井半兵衛]]ら正雪七人衆を率いて、[[麝香猫のお林]]一党、[[夢想小天治]]らと三つ巴の戦いを繰り広げる。剣を取っては小天治をたじろがせるほどの老獪さを見せた。

***忍者からす
[[石田三成]]の娘・[[木美]]と[[鴉>鴉(からす)]]の間に生まれた子供。十歳の時に母が[[徳川家康]]の行列に斬り込んで果てるのを目撃し、その遺言である幕府転覆を実行する決意をする。

***魔界転生(石川版)
島原の乱終結直後の戦場で、[[宮本武蔵]]と共に[[天草四郎]]の[[魔界転生]]の瞬間を目撃。その力に魅せられてそのまま[[森宗意軒]]に弟子入りし、[[魔界衆]]と共に幕府転覆を目論む。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS