• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 武田勝頼 へ行く。

 (1546〜1582)安土桃山時代の武将。[[武田信玄]]の子。信玄没後家督を継ぎ、美濃・遠江・三河に進出したが、長篠の戦いに大敗。以後衰運をたどり、織田・徳川軍に追い詰められ、天目山麓で自刃。武田氏は滅亡した。~
 ''[[WikiPedia.ja:武田勝頼]]''
 **主な登場作品 [#m040b59c]
 -''しびとの剣''
 -''信玄忍法帖''~
  [[下記>http://denki.art.coocan.jp/pukiwiki/?%C9%F0%C5%C4%BE%A1%CD%EA#j8f7bb0f]]参照
 -''神州天馬侠''
 ----
 
 ***信玄忍法帖 [#j8f7bb0f]
 武勇に優れ、英明だが血気に過ぎる気がある青年。父信玄亡き後も影武者を立てて甲斐を守ろうとする[[山本勘助]]の策に強い不満を抱き、事ある毎に反発。ついには[[大賀弥四郎]]の企てに乗り、父の死を明らかにした上、勘助の制止を振り切って長篠の戦場に向かう。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS