• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 田沼意次 へ行く。

 (1719〜1788)江戸中期の幕臣・遠州相良城主。和歌山藩の足軽の子。1734年に徳川吉宗の世子家重の小姓となり、以後側近を務め、1767年に側用人となる。1772年に老中となり、田沼時代と呼ばれる全盛期を迎えた。政策的には商業と農地の開発を指向したが、賄賂が多く政治不信を招き、1784年に嫡子意知が江戸城中に刺殺されたのを境に急速に権勢が衰え、二年後に蟄居謹慎となった。~
 ''[[WikiPedia.ja:田沼意次]]''
 **主な登場作品 [#f29abbac]
 -''大江戸超神秘帖 剛神''
 -''曲者時代''
 -''血煙天明陣''~
  下記参照
  [[下記>http://denki.art.coocan.jp/pukiwiki/?%C5%C4%BE%C2%B0%D5%BC%A1#wbef7e6a]]参照
 -''主水血笑録''
 -''闇の傀儡師''
 -''妖星伝''
 -''吉宗影御用''
 ----
 
 ***サムライスピリッツ零 [#p418df0b]
 服部半蔵EDで兇國日輪守我旺と懇意であったことが発覚。半蔵に抹殺されたものと思われる。
 
 ***血煙天明陣 [#wbef7e6a]
 賄賂政治の悪政を引き欠点も多いが、旧例に囚われず革新的な政治を行った開明性に富んだ人物で、十二神貝十郎も心服していた。自分の意のままになる将軍を置くため、逃げ水屋敷に徳川家治を招き置毒せんとしたが、松平冬次郎らの手により阻止された。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS