• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 塚原卜伝 へ行く。

 戦国時代の兵法家。鹿島中古流と天真正伝神道流を学び、鹿島社に参籠して一の太刀という極意を得、新当流を立てた。数十人にも及ぶ行列を具して諸国を遍歴し、[[北畠具教]]、[[斎藤伝鬼房]]、[[師岡一羽斎]]、[[足利義輝]]などを門弟とした。~
 ''[[WikiPedia.ja:塚原ト伝]]''
 **主な登場作品 [#kf89becf]
 -''一の太刀''
 -''三人の卜伝''
 -''神州纐纈城''~
  下記参照
  [[下記>http://denki.art.coocan.jp/pukiwiki/?%C4%CD%B8%B6%CB%CE%C5%C1#m7a7584c]]参照
 -''塚原卜伝十二番勝負''
 -''忍者からす''~
  下記参照
  [[下記>http://denki.art.coocan.jp/pukiwiki/?%C4%CD%B8%B6%CB%CE%C5%C1#s5feaadd]]参照
 -''忍法剣士伝''
 -''卜伝最後の旅''
 -''室町お伽草紙''
 -''闇の太守''
 ----
 
 ***黒の獅士 [#t3986cdd]
 廻国修行中に[[銅磨陣内]]と忍者の戦いを目撃。陣内を強者と見てか決闘を挑む。剣の腕では陣内に勝っていたが、陣内の不死身の体の前にはそれも無力だった。
 
 ***神州纐纈城 [#m7a7584c]
 胸に白髭を垂れ、葛の衣装をまとった異相の老人。常陸塚原の爺を名乗る。本物の五臓丸を手に入れたことから、その謎を追って富士山麓へ向かい、旧友・[[直衛蔵人]]であると知る。その後、甲府で[[奔馬性癩患]]が蔓延していることを知り、蔵人と共に甲府に向かう。
 
 ***忍者からす [#s5feaadd]
 卜部覚賢と女鴉の間に生まれた子。その天賦の才を見込まれて塚原土佐守の養子となる。諸国修行中に自分の叔母にあたる[[鴉>鴉(からす)]]と対決、敗れるも鴉の秘伝を体得し、無敵の剣豪となった。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS