• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 岩見重太郎 へ行く。

 (?〜1615)安土桃山、江戸前期の武芸者。諸国を武者修行し、のち[[豊臣秀吉]]に仕える。大坂の陣に参加し、夏の陣の河内道明寺で伊達家の片倉重綱の軍と戦い、討ち死にした。一説に秀吉の家臣・[[薄田隼人]]と同一人物ともいう。
 講談・読本では、武者修行中の丹後の天橋立での仇討ちの助太刀、仙台での大蛇退治、信州松本吉田村での狒狒退治、河内国葛城山での山賊退治などのエピソードで知られる。
 講談・読本では、武者修行中の丹後の天橋立での仇討ちの助太刀、仙台での大蛇退治、信州松本吉田村での狒狒退治、河内国葛城山での山賊退治などのエピソードで知られる。~
 ''[[WikiPedia.ja:岩見重太郎>WikiPedia.ja:薄田兼相]]''
 **主な登場作品 [#t8c6e125]
 -''慶長水滸伝''
 -''忍・真田幻妖伝''
 -''闘・真田神妖伝''
 ----
 
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS