• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 安倍晴明 へ行く。

 (921〜1005)平安中期の陰陽家・天文博士。土御門家の祖。賀茂忠行・保憲父子から陰陽道・天文道を学び、天文博士・左京権大夫・播磨守などを歴任。「金烏玉兎集」「占事略決」などを記した。式神を駆使し、天文を解して事変を予知したと「今昔物語集」「古今著聞集」などに伝えられ、道摩法師による[[藤原道長]]暗殺を察知したという。~
 「信田妻」「[[蘆屋道満]]大内鑑」などでは安倍保名と信田森の狐の間に生まれたとされ、[[蘆屋道満]]に殺された父を蘇らせ、道満を滅ぼしたという。~
 ''[[WikiPedia.ja:安倍晴明]]''
 **登場作品 [#x9167b77]
 **主な登場作品 [#x9167b77]
 -''王都妖奇譚''
 -''御伽草子''
 -''鬼斬り十蔵''
 -''陰陽師シリーズ''
 -''陰陽師九郎判官''
 -''陰陽寮''
 -''外法陰陽師''
 -''平安風雲伝''
 -''夢源氏剣祭文''
 -''夢々 陰陽師鬼談''
 ----
 
 ***東京魔人學園外法帖 [#dc174ee3]
 外法により少年の姿に転生し、[[鬼道衆]]の前に登場。実の娘である[[桔梗>桔梗(外法帖)]]に対し、力を合わせて人間を淘汰しようと呼びかけ、拒んだ彼女らを倒そうとした。が、その真意は娘に会ってその力を試し、またこの戦いの黒幕の存在を告げることにあり、娘と束の間心を通わせた後、消滅した。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS