1904(明治37) / 1906(明治39)

01月01日

旅順のロシア軍指令官ステッセルが降伏を申入れる(旅順陥落)

01月02日

旅順が開城し、開城規約に調印する

01月05日

乃木大将とロシアのステッセル将軍が水師営で会見する

01月23日

奈良県吉野郡で最後の日本狼が射殺される(日本狼絶滅)

02月05日

広島県横川と可部の間に日本初の乗り合い自動車が登場する

02月11日

森下南陽堂が、「仁丹」を発売する

02月14日

商船「名取川丸」が大阪港で濃霧のため沈没し、乗員94人が行方不明となる

03月01日

日本軍、奉天に向けて総攻撃を開始する

03月09日

関東で1903年11月から騒がれた土蔵破りの小仏の弥七が逮捕される

03月10日

日本軍が奉天でロシア軍を破り占領するが、死者7万人をだす

03月12日

志村喬誕生

05月25日

豊多摩郡代々幡村で、通行人が小西薬店の店主の首吊り他殺体を発見する(後に麹町六丁目猟奇事件と同一犯の犯行であることが判明)

05月27日

東郷平八郎指揮の日本連合艦隊が、バルチック艦隊と交戦(日本海海戦)

05月28日

阿部定誕生

05月28日

豊多摩郡代々幡村の首吊り死体事件で、野口男三郎が逮捕される

05月28日

ロシアのバルチック艦隊が日本の連合艦隊に降伏する

06月01日

日比谷公園で、日露日本海海戦の大勝を祝う東京市祝勝会が行われる

06月09日

アメリカ大統領ルーズベルトが、日本の要請を受けて日露両国の講和を斡旋する

06月20日

「中学世界」増刊号に竹久夢二の投稿挿絵「筒井筒」が掲載される(竹久美人画の登場)

06月20日

大阪北区の貸座敷「山海楼」の主人中川万次郎が、抱え芸者妻吉ら6人を殺傷する

07月03日

国木田独歩編集の「婦人画報」が創刊となる

08月01日

水谷八重子誕生

08月10日

ポーツマスで第1回日露講和会議が開催される

08月20日

孫文が中国革命同盟会を東京赤坂で結成する

08月29日

日露講和会議が決裂寸前で合意が成立する

09月05日

日比谷で講和反対国民大会が開催され、政府系新聞社や交番などが焼打ちされる

09月05日

ポーツマスで日露講和条約に調印。韓国保護の承認、南樺太・遼東租借権・満鉄などを獲得する

09月06日

ポーツマス条約に反対する群衆が暴徒化したため、東京に戒厳令がしかれる

09月11日

軍艦「三笠」が佐世保港内で火災のため沈没。300人あまりの死傷者をだす

09月12日

横浜で、日露講話条約反対の焼打ちが起こる

11月17日

第二次日韓協定が調印され、日本が韓国を「保護化」する

11月23日

初代韓国統監に伊藤博文が就任する

12月24日

品川−神奈川間の京浜電鉄が開通する


1904(明治37) / 1906(明治39)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-09 (日) 00:26:33 (4239d)