← 1815(文化12)/ 1817(文化14)

01月27日

讃州金毘羅山の端の大麻から幅一間、長さ一里余りの黒い気流が東西に靡く 「筆のすさび」

02月03日

河竹黙阿弥誕生

春?

才賀正二郎、出島に医師として来日した白銀と出会い、弟子入りする 『からくりサーカス』

04月

江戸で疫病が流行、死者多し(〜8月)

05月15日

江戸芝日陰町で、野山多四郎という男が空中に消失

06月05日

柳生家第八代・柳生俊則(87)没

07月10日

夜、両国橋の川の上に、青い尾を引く怪火が出現。青い尾は青衣の官人に変化 「兎園小説」

07月18日

夜12時頃、10日と同様の怪火が出現 「兎園小説」

07月下旬

紀州屋敷の長屋に、相手の首筋に食らいつく女が出現、3名が犠牲となる 「半日閑話」

08月

貝原重吉、将棋谷を訪れる 『風雲将棋谷』

08月初旬

夜更けに両国で狩衣を着て烏帽子姿の者が、本所方向から馬に乗って空中を翔けてきたのが目撃される 「半日閑話」

09月07日

山東京伝(56)没

11月16日

才賀正二郎の兄、禁制の図書をオランダ人に渡した咎で捕らえられる 『からくりサーカス』

この年

鉄砲鍛冶国友能当ら、オランダ銃に倣って空気銃を製造
両替町時田喜三郎方の猫、出入りの肴屋の難儀に家の金子を盗み出して殺される 「宮川舎漫筆」


← 1815(文化12)/ 1817(文化14)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-03 (月) 00:40:51 (4308d)