01月

丹後国・山城国等で赤斑瘡が流行 『妖臣蔵』

01月11日

大石内蔵助、近畿の同志を集めて会議を開き、現状を協議(第1次山科会議)

01月14日

萱野三平、摂津萱野村の自宅で自刃

02月中旬

天からの怪火で四谷・新宿・品川等が大焼 『妖臣蔵』
田宮伊左衛門、品川の質屋で奥田庄三郎の印籠を奪う 『妖臣蔵』

02月15日

内蔵助、近畿の同志を集めて会議を開き、浅野大学の処分を待って仇討ちを行うことを決定(第2次山科会議)

上杉綱憲、父・吉良上野介を連れて米沢に向かうも、途中で怪事が頻発。上野介江戸に戻る 『変化城』

03月

土岐出羽守、森美作守に殿中で恥をかかされ、切腹 『盗作忠臣蔵』

03月08日

吉田忠左衛門ら、堀部安兵衛宅で急進派の説得にあたる
吉田忠左衛門ら、堀部安兵衛宅で江戸襲撃の算段をする 『妖臣蔵』

03月下旬

大石内蔵助、神崎与五郎を江戸に送り、吉良邸の偵察を命じる

04月

幕府、火付改と盗賊改を再置
高田水稲荷で霊告あり、榎の洞から霊泉が沸く 「武江年表」

04月15日

内蔵助、妻・りくを離別する

初夏

森美作守に復讐を誓う土岐浪士、百坂刑部の下に集まる 『盗作忠臣蔵』
上杉綱憲、米沢城天守閣で託宣の儀式を行う 『変化城』

05月

この頃、江戸で失踪事件が多発し、人さらい除けの和歌が流行る 「鸚鵡籠中記」
大和・河内・摂津で、3日間連続の降雹 『妖臣蔵』

06月29日

堀部安兵衛、京で原惣右衛門と密会し、内蔵助と離れて討入りを計画する

貝賀弥左衛門、片岡源五右衛門・田中貞四郎・矢頭右衛門七らと江戸に同居する 『俺も四十七士』
田中貞四郎、失意から鉄砲見世に入り浸る 『蟲臣蔵』
間部詮房の娘・露路、柳影組に拉致される? 『砂絵呪縛』

07月上旬

近松門左衛門、橋本平左衛門と出会う 『忠臣蔵心中』

07月10日

田宮伊左衛門、奥田庄三郎の弟夫婦と出会い、仇と間違えられる 『妖臣蔵』

07月15日

橋本平左衛門、大坂新地の遊女・はつと心中する

07月中旬

田中貞四郎、能登組くノ一の術により許嫁を死に至らしめ、乱心 『忍法忠臣蔵』

07月18日

閉門の処分を受けていた浅野大学長広、芸州浅野家へ御預となる

07月28日

円山会議。内蔵助、同志を京都円山に集め、討入りの決行を宣言

08月12日

江戸の赤穂浪士たち、隅田川上の舟で会議を行う

08月26日

難波五人男(雁金文七、庵の平兵衛、極印千右衛門、神鳴庄九郎、ほてゐの市右衛門)、道頓堀で死罪・獄門となる

閏08月

赤穂浪士から脱盟相次ぐ

閏08月08日

進藤源四郎、討入りから脱盟

閏08月10日

小山源五右衛門、討入りから脱盟

閏08月下旬

赤穂浪士鈴木重八と中田理平次、田宮伊左衛門らに斬殺される 『妖臣蔵』

大岡市十郎、赤穂浪士内の裏切り騒動に巻き込まれる 『殺人蔵』
貝賀弥左衛門の妻・お類、夫を逃すため小林平七に斬られる 『俺も四十七士』

09月中旬

土岐浪士、京に集結 『盗作忠臣蔵』

09月24日

大石主税の一行、江戸に到着

10月06日

京都町奉行所の壁に、森美作守を狙う土岐浪士の名が張り出される。その晩土岐浪士12名、互いに相討ち果てる 『盗作忠臣蔵』

10月07日

内蔵助、潮田又之丞らを従えて江戸へ向けて京を出発

10月07日

京で大火。焼死者多数 『妖臣蔵』

10月18日

内蔵助、小田原で吉良右近と20年ぶりに再会 『裏返し忠臣蔵』

10月23日

千坂兵部、吉良上野介を暗殺 『裏返し忠臣蔵』
田中貞四郎、同志たちの本性を知るも赤埴源蔵に惨殺される 『妖臣蔵』

10月24日

吉良右近、吉良上野介の替え玉として千坂兵部の前に現れる 『裏返し忠臣蔵』

10月末

毛利小平太、上杉家に忍んで、無明綱太郎に捕らえられる 『忍法忠臣蔵』
毛利小平太、かつての同志の妻女の無惨な姿に惑乱、内蔵助を斬らんとする 『忍法忠臣蔵』

11月05日

大石内蔵助、江戸に到着
千坂兵部、江戸に出府 『忍法忠臣蔵』
小山田庄左衛門、殺害した片岡源五右衛門が再生するのを見て狂乱、姿を消す 『妖臣蔵』

11月末

荒木又右衛門(?)、吉良邸の用心棒となる 『天下一武闘会II』

12月02日

大石内蔵助、同志を集めて討入りの期日と受け持ちを決める
民谷伊左衛門、四十六士の会合に現れ、同志に加わる 『妖臣蔵』
落合与左衛門、祐天に討入りの期日を語る 『妖臣蔵』

12月04日

田中貞四郎、討入りから脱盟
清水狂太郎、神奈川の宿で江戸潜入を図る武林唯七及び間新六を発見するも、これを見逃す 『口笛を吹く武士』

12月05日

赤穂浪士、討入りを決行しようとするも、吉良邸の茶会中止により急遽延期。脱盟者相次ぐ
柳沢吉保、自邸を訪れた綱吉に妖術をかけんとするも、祐天の法力に阻まれる 『妖臣蔵』
堀部安兵衛、近松門左衛門と再会 『忠臣蔵心中』

12月10日

大高源五、14日に吉良邸で茶会があることを聞き出し、討入りをその日に決定

12月11日

毛利小平太、討入りから脱盟

12月中旬

小田切空鈍、御掃除町の陋屋で没 『空鈍』

12月13日

夕刻より両国回向院で百万遍念仏が開催される 『妖臣蔵』
民谷伊左衛門、討入りに向かう途中で奥田庄三郎の弟夫婦に討たれる 『妖臣蔵』
同心・笹木仙十郎、榎本其角から赤穂浪士の討入り日を聞かされる 『芭蕉庵捕物帳』

12月14日

翌早朝にかけて、赤穂浪士討入り
無明綱太郎、千坂兵部の娘・織江を惨殺して去る 『忍法忠臣蔵』
土岐浪士・破風高兵衛、討入り直前の大石内蔵助を難詰する 『盗作忠臣蔵』
田中貞四郎、脳梅毒により発狂 『蟲臣蔵』
大岡市十郎(忠相)・清水一学ら、赤穂浪士に憑いた四十七の魔の因子を祓う 『妖臣蔵』
青江又八郎帰国 『用心棒日月抄』
京都紫野の浅野稲荷で、数知れぬ狐が喜びの踊りを踊る 「雪窓夜話抄」

12月15日

赤穂浪士、泉岳寺に首尾を報告
外神田の濠に、町奉行所吟味方・島野数馬の水死体が浮かぶ 『芭蕉庵捕物帳』
寺坂吉右衛門、討入りの一行から離れる
津軽釆女、生類憐れみの令を犯して釣りをする 『忠臣蔵心中』

12月16日

新井白石、隆光の妖術を封じるために、清国は茅山の諸神に祈願する 『妖臣蔵』
隆光、祈祷中に昏倒、意識不明となり、そのままの状態で以後20余年生き続ける 『妖臣蔵』

12月23日

幕府の評定所員14名、赤穂浪士の処分意見書を提出する

この年

松崎喜右衛門、江戸で鮨屋を始める

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-05-14 (日) 10:04:07 (4667d)