← 1691(元禄04)/ 1693(元禄06)

01月

「諸国新百物語」刊行

初夏?

怪人銭酸漿、江戸で連続殺人を引き起こす 『髑髏銭』

神奈三四郎、十四枚の髑髏銭を巡る争いに巻き込まれる 『髑髏銭』
柳沢保明邸で闘花蝶が催される 『髑髏銭』
神奈三四郎、徳川綱吉に対面し祖父の怨みと尊皇の志をぶつける 『髑髏銭』

05月10日

幕府、富突請・百人講を禁止

08月

銭酸漿と銅座の赤吉、相討ちとなって斃れる 『髑髏銭』

初秋

神奈三四郎、念仏の仙十郎ら、日本を離れ異国へ旅立つ 『髑髏銭』
銘木屋の長次郎、三好町で死亡しているところを発見される 『芭蕉庵捕物帳』

この年  

「世間胸算用」刊行
安倍半之助、叔父・遠藤兵庫から「かんば沢」の名を聞かされる 『山彦乙女』
日本橋で桐屋久兵衛が呉服屋を開業 『エイリアン秘宝街』


← 1691(元禄04)/ 1693(元禄06)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-03 (月) 00:13:48 (4251d)