01月

足利義持、急病から重体となる(青蓮院義円配下の細人による工作) 『荒墟』

01月初旬

奥吉野山中に人面鳥身の凶鳥が出現、小倉宮一党を殺害し始める 『けふ鳥』

01月18日

足利義持(43)没

01月19日

義持の弟・義円、義持の後嗣となる

03月12日

義円、還俗して義宣と改名する

04月27日

正長に改元

05月25日

足利持氏、義宣と不和のため京襲撃を企むも、上杉憲実に止められる

05月末

一休、奥吉野山中で小倉宮一党と出会い、凶鳥けふ鳥を祓う 『けふ鳥』

06月01日

柳屋治兵衛の茶会所で、連歌師が画に喰らわれる 『画霊』

06月02日

一休、画の調査のため絵師土佐光達の元を訪れる 『画霊』

06月03日

一休、赤松満祐らの前で画の謎を解く 『画霊』

06月27日

華叟宗曇(77)没

07月07日

仙洞御所で花合わせが行われる

07月20日

称光天皇(28)没

08月23日

伊勢国司・北畠光雅、小倉宮を奉じて挙兵する

09月18日

京幾諸国で徳政を要求する土一揆が起こる(正長の土一揆)

12月21日

北畠光雅敗死し、小倉宮、嵯峨へ帰る

この年

飢饉・疫病により多数の人民が死亡

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-05-09 (火) 12:42:32 (5376d)