(1749〜1823)江戸中後期の文人。本名、大田南畝。幕府の御徒の家に生まれたが、十九歳の折りに詩文集を発刊して以来、随筆、戯作、狂歌など多種多様な文芸の分野で才能を発揮した。


忍者からす

実は神鴉の一人の落とし胤であり、密かに神鴉忍法を修得。田沼時代の歪んだ世相に憤りを抱き、惰弱の態を装う陰で、義賊「自来也」として大商人を次々と襲った。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:26 (4854d)