平安中期の陰陽師。道摩法師とも。安倍晴明のライバルとして描かれることが多く、「宇治拾遺物語」等によれば藤原顕光の命により藤原道長に妖術を仕掛けたが、晴明に見破られ播磨国に追放された。他の説話では、晴明との術比べに敗れるも、彼の妻と通じ、秘蔵の卜占書「金烏玉兎集」を写し取り晴明の首をとったという。
蘆屋道満大内鑑」等の葛の葉伝説では安倍保名のライバルとして登場。八百比丘尼の父という伝承もある。
WikiPedia.ja:蘆屋道満

主な登場作品

  • 鬼斬り十蔵
  • 陰陽師シリーズ
  • 夢々 陰陽師鬼談

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-13 (日) 08:23:01 (3968d)