神州纐纈城

纐纈城で人の生き血により染められた布。血のような赤さを持ち、蝉の羽根のように薄いため、相当な大きさのものであっても畳めば掌の中に収まってしまう。しばしば纐纈城の人狩りに襲われる富士教団では恐怖の象徴であり、これを持っていた土屋庄三郎は私刑を受ける羽目となった。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:26 (4913d)