「今昔物語集」等に見られる、慈覚大師円仁が入唐中に迷い込んだという城。人間を捕らえては肥え太らせ、高いところにつるして血を搾り取り、それでもって纐纈を染めていたという。円仁は仏の加護によりこの城から逃れた。


神州纐纈城

富士の本栖湖に浮かぶ、仮面の城主の支配する悪魔の城。近隣に血染めの経帷子をまとった騎馬武者を放ち、人間をさらっては肥え太らせ、その生き血で纐纈布を作っていた。城の周囲は城の動力源でもある地下の巨大な水車により人工的に作り出された巨大な水の紗が覆われ、外敵と内部からの逃亡者を防いでいる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:25 (4702d)