真田十勇士の一人。詳細は不明だが、一説に筒井順慶の家臣筧孫兵衛の子で、鉄砲の名手だという。


虚無戦史MIROKU

筧井十蔵の名で登場。重力を自在にコントロールして相手を押しつぶす真田妖法「重力地獄」を操る異形の男。伊佐入道と共に九龍城に乱入して暴れ回るが、美勒らの反撃に遭い、最後の力を振り絞った「逆重力地獄」で伊佐入道を脱出させて力尽きる。

西海水滸伝

豊臣秀頼に従って南蛮より帰還した真田十勇士の一人で、白い顎髭を簾のように垂らした老人。水遣いの達人であり、地に突いた竹杖から水を沸き立たせる。真田大助と共に行動し、竹橋御殿から千姫を連れ去ろうとしたが、これを迎え撃った柳生宗矩に竹杖を両断されて絶命した。

藤丸地獄変

十勇士の一人で、顔と胸の左半分を金属板で覆った男。魔術師らしく、火の術・雷の術・水の術・風の術を自在に操る。霧隠才蔵ら他の十勇士と共に登場、はぐれ透波たちを倒して天下を取ろうとするも、敗北。神の元に行き輪廻することを信じつつ逝く。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-09 (日) 01:03:46 (4970d)