からくりの君

金で様々な君主に仕え、その手先となる「流れ忍び」の男。狩又貞義の城に忍んだ際に蘭菊と出会い、半ば行きがかり上雇われることとなる。その正体は、あまりの腕を疎まれて身を隠した加当段蔵だった。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:25 (5407d)