神幻暗夜行

とある街の商家・三国屋の庭から現れた壺の中に封じられていた巨大な腕。三国屋の人々を食い殺し生死人として操っていた。異変に気づいた神子上幻也を襲うが、唯一の生き残りの丁稚の手に焼き付いた壺の晴明紋の力で本体を滅ぼされた。渡辺綱が斬り落とした鬼の腕を、安倍晴明が封じたものか。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:23 (4702d)