伊賀の影丸

影丸と共に甲府のかくし金山探索に赴いた公儀隠密の一人。額に傷持つ不敵な男で、火術の月之助と異名をとり、火薬の火縄を用いた催眠術なども使用する。重傷を負った影丸に代わって飛騨忍群と対決し、自分を中心に大爆発を起こす火走りの術を二度にわたって使用、敵のほとんど全員を道連れに散る。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:18 (5407d)