伊賀の影丸

七つの影法師と対決すべく集められた七人の公儀隠密の一人。体に鉄鎧を着込んでおり、手裏剣などを跳ね返す。また、右足は刃を仕込んだ義足となっている。雪風をあと一歩というところまで追いつめるが、忍法あげは蝶に目を眩まされて倒される。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:17 (5407d)