真田十勇士の一人。元・三河野田城主菅沼新八郎の家臣で、賤ヶ岳の合戦で真田幸村の軍と対決。穴山小助と一騎打ちするが敗れて生け捕られ、幸村の配下となったという。


藤丸地獄変

十勇士の一人で、左腕に鎖でつながった巨大な二連鎌を取り付けた男。喋るときの語尾は「〜だぜよ」。他の十勇士と共に登場、藤丸らを倒して天下を取ろうとするも敗北。はぐれ透波たちを認めて逝く。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:15 (4819d)