伊賀の影丸

七つの影法師の一人。保護色と言えるほどの隠形の術を得意とし、相手の死角から襲いかかるという戦法で片目を倒し影丸に重傷を負わせた。天鬼の布とりでには術が通じず倒されたが、死の間際に天鬼の包帯に毒を塗り、相討ちに持ち込んだ。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:14 (4827d)