(1527〜1606)戦国時代の土豪・剣法家。名は宗厳。柳生新陰流の祖。若年より武術を好むが、上泉伊勢守に完敗してその門下に入り、二年後には一国一人の印可を受けた。後に京で徳川家康に招かれ、宗矩と共に剣技を披露して、柳生家が将軍家指南役になるきっかけを作った。


忍者旋風

徳川家康の命令で息子と共に服部半蔵に協力して竜煙の書争奪戦に参加。後に竜煙の書を偶然手に入れるが、それが柳生一門の地位を脅かすことを恐れて秘匿。竜煙の書をかけて風魔小太郎と決闘し、秘奥「一葉浮水のかまえ」を披露するが引き分けた。

魔剣士 黒鬼反魂篇

本能寺の変を耳にして息子の又右衛門(後の柳生宗矩)を連れて京に入った際に、斎藤伝鬼房、そして奥月桔梗と遭遇。立ち合いを望むが、桔梗がこの世のものならぬ存在と見てとって断念した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:13 (4827d)