(1613〜1675)江戸初期の大名・剣術家。通称は又十郎・飛騨守。柳生宗矩の第三子で、十兵衛の弟。1650(慶安3)年、兄の死により家督を継ぎ、1668(寛文8)加増されて1万石となり大名に列する。第4代将軍徳川家綱の兵法師範を勤めた。


神変麝香猫

幹竹割りの御曹子と異名を取る遣い手。従兄の夢想小天治とは共に剣を磨く仲だったが、その小天治の苦戦に助勢するため、牧野伝蔵と共に武蔵野の怪屋敷に駆けつける。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:13 (4854d)