力士の始祖とされる人物。出雲より召し出され、垂仁天皇7年7月7日、当麻蹴速と対決、蹴速の肋骨を蹴り折り、腰を踏み折って殺したといわれる。その後朝廷に仕えたが、皇后の逝去に際して、殉死の風習を改め埴輪に代えることを献策し、土部臣の姓を、更に下って菅原姓を名乗ったという。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:12 (5407d)