伊賀の影丸

七つの影法師の一人。あやしげな火の玉を操って相手の目をくらませる。おびき出した幻也斎を、魔風と二人がかりで倒してすり替わるが、幻也斎の残した忍法血染蛛により天鬼に正体を見抜かれ、一刀のもとに斬り捨てられた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:12 (4704d)