藤丸地獄変

雑賀衆の一人。雑賀を抜けようとして捕まり、死を待っていたところをはぐれ透波に救われて仲間に入った。その名の通り夜目が利き、梟を自在に操る梟操術を使う。全ての戦いが終わった後、何をしてもうまくいかず、結局は山賊まがいの暮らしを送り、悲惨な末路を辿ったという。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:12 (4793d)