忍者からす

石田三成の遺児。関ヶ原の合戦時に「鴉」の手により落ち延び、十六歳の誕生日に七人の鴉の若者と契って、富士太郎(後の由比正雪)を生む。後に息子の眼前で太閤遺金を運ぶ徳川家康の行列を単身襲って果てた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:10 (4704d)