(1528〜1582)安土桃山時代の武将。初め朝倉義景に仕え、次いで織田信長の家臣となった。故実・典礼に通じ、民政に優れ、茶湯や連歌を好む理性的で教養的な人物だったと言われる。1582年、突如として信長を本能寺に襲い、敗死させるが、その直後羽柴秀吉に山崎の合戦で敗れ、敗走中に土民に殺害された。
が、それは影武者で、本人は生き延びて南光坊天海となったという説や、関ヶ原の合戦に向かう途中で川に落ちて溺れ死んだという説がある。
Wikipedia

主な登場作品

  • 影風魔ハヤセ
     知謀のみならず膂力人並み外れた武将。何者かの陰謀で主君殺しの汚名を着せられるも生き延びて雌伏する。
  • 修羅鏡
  • 天正マクベス
     信長を神のごとく崇める武将。
  • 忍者明智十兵衛
  • 忍者武芸帖
  • 花の十郎太
  • 魔空八犬伝
      下記参照
  • MISTERジパング
  • 産霊山秘録
  • 室町お伽草紙
  • 闇の太守
  • 黎明に叛くもの

忍者旋風

念仏の七兵衛竜煙の書奪回の命を与えて送り出すが、七兵衛が失敗したと見るや、作戦を変え、本能寺に信長を襲った。

抜忍伝説

音羽の城戸の情報操作で敵は本能寺にいると信じ、京で信長を待っていたが、幻妖斎のサポートを受けた邪鬼丸にすり替わられ、本能寺の信長軍を攻めることとなってしまう。

魔空八犬伝

朝倉から織田に乗り換えようとして追っ手と争っている最中に魔空城と遭遇。以来、信長に仕えつつもその実、地上に魔空を招来し、自分が地上の王となるべく暗躍する。が、王犬丸に反抗されて魔空軍艦の指揮権を奪われ、器の違いというべきかみじめな末路を辿る。

魔剣士 黒鬼反魂篇

黒奴ヤスケに操られたか、何かに取り憑かれたかのように信長を弑虐。ヤスケを逃がした後は、昔通りの温厚な人間に戻り、静かに死の座に向かった。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-25 (日) 23:15:39 (2943d)