伊賀の影丸

刑部の手助けに現れた飛騨忍者の一人。鎖鎌の扱いを得意とする。その名の通り霧に紛れて半蔵屋敷に忍び込んだが、影丸の木の葉隠れに敗れ、囚われとなることを良しとせずに自決した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-15 (土) 15:21:37 (5397d)