伊賀の影丸

七つの影法師と対決すべく集められた七人の公儀隠密の一人。催眠術を得意とし、相手を自害させることすら可能。また、一種の分身の術である忍法「変わり身」を使う。一度は操った魔風に術を逆用され、鏡に映った自分自身に催眠術をかけて自滅した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:08 (4790d)