羅刹の剣

天明元年当時、海沿いの某所にあった藩。藩主桐生玄堂の狂気の野望により倒幕を目指すが、反魂蟲の力により城下が死の街と変わり、玄堂も城中に突入した飛葉小太郎りんに倒され、直後城が爆発。藩はお取り潰しとなったと思われる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:06 (4908d)