神州纐纈城

纐纈城主の身に巣くう奇病。癩の病状が一瞬にして進行する上に強力な感染力を持ち、患者に触れただけで感染、加速度的に広がっていく。遥か昔に絶滅したはずの病だが、甲府に現れた纐纈城主によりばらまかれて甲府一円を地獄に変えた。後に光明優婆塞により患者たちは癒され、流行は終息に向かった。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:04 (4703d)