羅刹の剣

抹那藩の地下洞窟の湖で反魂蟲を育てていた怪老人。宙を自在に舞い、岩や雷や火炎などを操る。元は江戸の蘭学者だったが、幽鬼蔵人にスカウトされ、死体を使って様々な実験を続けていた。飛葉小太郎に倒されるが、反魂蟲により炎に包まれた醜悪な姿で復活。小太郎を追うが、再び倒される。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:22:03 (5209d)