(1593〜1615)安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の子。6歳で家を継ぎ、徳川秀忠の娘・千姫を娶った。大坂夏の陣で、城が陥落、母の淀君と共に自刃した。
WikiPedia.ja:豊臣秀頼

主な登場作品


渦潮の果て

真田幸村と共に薩摩に落ち延び、薩摩半島の南の端の山川港近くの城に「新館」と呼ばれて滞在する。幸村が建造した巨船団で海を渡り、南海に雄飛した。

妖説五三ノ桐

天性の威厳と天真爛漫さを兼ね備えた存在であり、いかな危地に置かれても泰然自若としている。真田幸村紀ノ一貫らの手により大坂から薩摩、そして呂宋助左衛門の船で南蛮に落ち延びた。

西海水滸伝

大坂城陥落後、幸村の手により薩摩へ落ち延び、南蛮に渡ったと言われる。寛永の世になってから日本に帰還し、薩摩開聞岳に潜んだ。非常な色好みで、幻人を使って女を集めていた。その正体は、大坂城で果てた秀頼の魂魄が金瓢に宿ったものであるらしい。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-01 (日) 17:03:16 (4526d)