(1536〜1598)安土桃山時代の武将。幼名日吉丸。最初は木下藤吉郎を名乗り、後に羽柴秀吉と称した。織田信長の足軽から始まり、次々と出世を重ねて武将にまで登りつめた。本能寺の変後、直ちに明智光秀を討ち、各地を征して1590年に天下を統一。また、晩年は大陸に野心を抱き、文禄・慶長の役で朝鮮に出兵したが、その最中に没した。
WikiPedia.ja:豊臣秀吉

主な登場作品

  • 黄金の忍者シリーズ
  • 鬼武者シリーズ
  • 影風魔ハヤセ
  • 仮面の忍者赤影
  • 死地
  • 神州天馬侠
  • 太閤暗殺
  • 忍者旋風
     下記参照
  • 花の十郎太
  • 梟の城
  • 魔空八犬伝
     下記参照
  • 魔剣士シリーズ
     下記参照
  • MISTERジパング''''
  • 室町お伽草紙
  • 妖説太閤記

仮面の忍者赤影

横山城を守る武将、木下藤吉郎として登場。金目教の不穏の噂を聞き、軍師竹中半兵衛の献策に従って赤影青影に調査を命じた。それ以来の縁か、羽柴秀吉と名乗っての後、長浜城を守っていた際も赤影飛騨忍者に城を守らせていた。

忍者旋風

風魔小太郎徳川家康同様、天紋の相を持つ男。美女丸に命じて竜煙の書を狙った。それと同時に、唯一竜煙の書を解読できる宗剣真をあらかじめさらっておくなど、抜け目がない。

魔空八犬伝

羽柴秀吉として登場。伊勢長島攻めに参加、ライバルである明智光秀魔空の力を用いるのに対抗して、自雷天の手になる鉄工船で駆けつけ、八犬士と共に戦った。一見剽軽な男だが、その実、敵である本願寺に平然と乗り込むなど、大物ぶりを見せる。

魔剣士 黒鬼反魂篇

黒田官兵衛と共に、信長亡き後の天下取りを策謀。ヤスケの存在に不審を抱き、探りを入れるうちに朱物の陰謀を知る。更に奥月桔梗に接触し、彼に出生の秘密を教えた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-01 (日) 16:55:16 (4642d)