(1542〜1596)安土桃山時代の武将。名は正成。父・保長の代から松平家に仕え、十六歳で伊賀の忍び六、七十人を率いて初陣を飾った。また、本能寺の変の際には、伊賀甲賀の衆を率いて徳川家康の警護にあたり、無事に家康を堺へ落ち延びさせたという。


信玄忍法帖

家康より武田信玄山本勘助の生死確認の命を受け、配下の九人の伊賀忍者を派遣した。

妖説五三ノ桐

息子の不始末の責めを負って姿を消し、既に死んだと思われていたが、西念居士の名で現れ、娘のほしを遣わした。その身は甚だしく縮み果てているが、腕にはあらゆる物を打ち砕く金剛ノ術法が備わっている。術法の期限が来て命尽きようとしている真田幸村と対決し、相討ちとなって消えた。

西海水滸伝

天下幽明の境を徘徊する異相の老人。猿飛佐助霧隠才蔵に勝るとも劣らない人知を超えた達人であり、影を持たない。豊臣秀頼一党の真意を探るため、南光坊天海からの依頼で九州に向かう。

忍者旋風

家康の隠密団首領。狼を自在に操り、磁石製の鉄扇で手裏剣を防ぐ。石川五右衛門の一味に潜入していた際に竜煙の書を発見、争奪戦に加わる。が、実際に動いたのは影武者の犬丸半蔵であり、自身は家康の身を守っていた。時代的に初代半蔵と思われる。

抜忍伝説

百地三太夫の右腕を務める中忍。かつて、鞍馬山から邪鬼丸を伊賀に拐かした。三太夫の命により柳生秘伝書を柳生から盗み出したが風魔小太郎に奪われた。伊賀に潜入した小源太に、百地屋敷で倒される。

藤丸地獄変

父・保長と共に甲賀忍軍を率いる青年。木の葉を操る術を得意とし、争いを嫌い信義を重んじる好漢。藤丸同様だまされていたが、やむなく藤丸と対決した。後に父の死と共に自由となり、藤丸らと共に戦う。戦いが終わった後は甲賀忍軍を再建、家康に仕えて全国を統一し、記録から忍者の存在を抹消しようとしたという。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-16 (日) 02:15:41 (4690d)