二代目服部半蔵。石見守。の後を継いで公儀隠密を率いるが、粗暴かつ横暴な振る舞いが多く、部下のストライキに遭いその任を解かれ、松平隠州の家に預けられた。その後、名誉挽回しようと大坂の陣に参加するも、乱戦の中で行方不明となったという。


真田剣流

かつての地位に復するために真田幸村暗殺の手柄を挙げようと図るが、失敗、挙げ句の果てに四貫目らの手により油屋妖蔵に捕らわれ、夜鷹が持っていた丑三の書と交換される羽目に陥る。後に柳生宗矩に取り入ろうとするが、風魔一族に妨害される。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 23:27:55 (4939d)