南総里見八犬伝

里見義実の娘。敵将を討った愛犬八房の妻となって山中に入り共に暮らすが、霊的な交わりにより懐妊。それを恥じて自分を捜しにきた金碗大輔の前で自害するが、その胎内から生じた白気が「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」の八つの玉を包んで八方に飛び散り、八犬士を生むこととなった。

魔空八犬伝

里見義実の娘。愛犬八房を唯一の友としていた不思議な美しい女性であったといわれ、父義実の開いた魔空を、自分で信仰する仏法術により封印し、八つの珠を世に放った。以来、魔空黄金城で永劫の戦いを繰り広げながら八犬士の帰還を待っている。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:59 (4849d)