(1521〜1573)戦国時代の武将。名は晴信。信玄は法号。父、信虎を追放して家督を継ぎ、信濃に進出。越後の上杉謙信と川中島で数度に渡り対決した。軍略家としてすぐれ、「信玄家法」を制定、鉱山開発・治水にも業績をあげた。
WikiPedia.ja:武田信玄

主な登場作品


信玄忍法帖

自分の死期が近いことを悟り、自らの死を三年の間秘することを周囲に命じ、山本勘助と六人の影武者に後事を託して逝く。

藤丸地獄変

透波忍軍と結ぶ戦国大名で、はぐれ透波の生みの親。百地三太夫の正体と野望を知り、それに抗するために密かにはぐれ透波を結成したが、それを知った三太夫に暗殺された。はぐれ透波にも透波にもその死を悼まれるどころかむしろ喜ばれるあたり、その人望には疑問が残る。

魔空八犬伝

山本勘助の手引きにより魔空と接触、黄金の体を得て、処女の生き血を好み体内に魔空を宿した怪物と化した。唯一魔空を封じる力を持った八犬士を倒すべく、次々と刺客を送り、川中島に黄金城を呼び寄せるが、八犬士四人の結界により、体内の魔空を封じられて倒される。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-01 (日) 15:46:14 (4823d)