神州纐纈城

光明優婆塞を中心に、富士の裾野の岩壁で隔離された谷間に理想郷を作って暮らす教団。「懺悔」「忍従」「肉身刑罰」の三つを教理とし、信徒は千人以上と言われる。纐纈城の人狩りに怯えつつも共同生活を営んでいたが、光明優婆塞が姿を消して秩序と理性を失い、醜い暴徒の群れと化した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:56 (4854d)