ガラシア祈祷書

陣佐左衛門から松井佐渡守に預けられた阿修羅衆の志能備。勝気な美少女で、佐渡守より島原の乱の背後を探る命を受け、松井寄之と共に島原に向かう。人の心を読める他心通の力を持つが、そのために実の母に疎まれた過去がある。原城に潜入するが、寄之とゴロリア善馬の板挟みとなり苦しむ。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 21:11:26 (4790d)