真田剣流

桔梗の父。元は明の神宗皇帝直属の密偵であり、弟の暗夜軒と共に丑三の術を編み出した後、皇帝の命で日本を目指すが、遭難したところを真田昌幸に救われ、真田家の指南役となった。後に記憶喪失となって風魔一族に加わり、首領の影武者となっていたが、かつての弟子である黒猿に敗れる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 23:38:14 (4848d)