戦国時代の兵法者。匹田とも、豊五郎とも言う。上泉伊勢守の甥かつ高足で、神後伊豆と並び称される。上泉伊勢守と共に諸国を遍歴するが、後に独歩。一時、細川幽斎に仕え、短期間ながら豊臣秀次の下にいたこともあるという。


信玄忍法帖

上泉伊勢守に従って甲斐を来訪。途中、押し掛けで弟子になろうとした墨坂又太郎と対決するが、忍法時よどみに敗れ、危うく命を落としかける。

忍者からす

坂本の宿に出没する丸目蔵人を討ちに向かうも、淫婦に誑かされた隙に不覚をとる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:54 (4792d)