羅刹の剣

抹那藩出身の豪剣士。幼い頃から小泉雪之介と共に剣の腕を磨いた。父が幕府への謀反を企むも露見して斬首されるが、父の遺恨にも、兼ねてから勧められていた仕官にも関心を持たず、修行と称して藩を飛び出した。久しぶりに両親の墓参りのために帰郷するも、そこで事件に巻き込まれ、りんと共に戦うこととなる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:53 (4790d)