羅刹の剣

抹那藩の地下洞窟の湖に生息する妖虫。体長数十センチの蛭に似た姿で、口腔等から人間の中に入り込み寄生し、人の心の奥底の欲望を暴走させ操る。更に宿主に常人を超えた身体能力と、一度死んでもゾンビ化する力を与える。桐生玄堂に利用され、城下を死の街と変えた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:52 (4702d)