伊賀の影丸

若葉右近に雇われた甲賀七人衆の一人。催眠術を得意とし、分身したような幻覚を見せたり、目を見た相手を操って自決させる。影丸に術を見破られ、その眼光を鏡に映されて自らの術にかかって自決した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:51 (5400d)