伊賀の影丸

若葉右近に雇われた甲賀七人衆の一人。水中戦を得意とし、水中の水を黒く変えてその中から襲いかかる。半刻しか潜っていられないという弱点をつかれ、水面に油を撒かれて火をつけられて苦しくなって顔を出したところを影丸と彦三の手裏剣に倒された。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:51 (4790d)